Warning: A non-numeric value encountered in /home/hikarutan/www/aikana/wp-content/themes/Divi/functions.php on line 5806

私の住む龍郷町は、鹿児島から約380キロ南にあり、人口約6000人、元気いっぱいの町です。西郷隆盛が島流しされ、島妻「愛かな」と共に3年間暮らし、心癒やされ、明治維新への活力を養ったところでもあります。そして、無形文化財に指定された、豊作を祈る平瀬マンカイなど伝統文化が息づいている町でもあります。大島紬発祥の地としても知られ、その中でも、代表とされる「泥染め」や「龍郷柄」「秋名バラ」が有名です。私は、その伝統工芸である泥染めと大島紬の製造・販売、また、泥染め大島紬を生かした洋装の仕事を主人とともに営んでおります。

 

 

家族のはじまり

昭和52年2月に結婚。独身時代に出会った倫理の勉強のおかげで結婚式の日には主人に手をついて「これからよろしくお願いします」と挨拶をすることができました。、同年6月新居完成、11月長男が生まれ、54年6月に中古染料工場を買い、その時に改造までしました。12月には長女が生まれ、56年には次女が生まれました。となりに主人の姑が一人で住んでおり、80を過ぎていますが今でも毎日、紬部屋でを紬を織っております。たまに紬織りの見学の方が見えたりもしています。長女は東京で一人暮らし、次女は新潟に嫁ぎ、長男は地元で所帯を持っております。孫は男の子ばかり3人。新潟の孫にはなかなか会えませんが、長男夫婦とは住まいも近く、2人の年子の孫の世話も一緒にしながら助け合って暮らしております。